大宮の整体は【口コミNO.1】鍼灸マッサージ整骨院 Hinata(ヒナタ)へ

肩こりの症状

  • 肩がだるく、気持ち悪い
  • 肩こり・首こりがひどい
  • デスクワークが多く首肩が辛い
  • 肩甲骨周りが辛い
  • 肩こりがひどくなってくると頭痛、めまい、吐き気がでる
  • 仕事に集中できない

 

肩こりとは

肩こりとは病名ではなく症状です。症状のことを差しますので明確な診断基準などはありません。肩の筋肉(僧帽筋や肩甲挙筋、菱形筋など)が血流障害を起こし、循環が悪くなっている状態とされます。張り感、こり感、だるさ、ツッパリ感、痛みなど自分でしかわからない感覚ですので他人には辛さがわかりにくいものです。一般的には運動不足や疲労による血行不良が原因とされますが病気が隠れていて病気が肩こりを出している場合もあります。

 

肩こりの原因

私たちが考える肩こりはの原因は

  1. 日常生活による不良姿勢や歪み
  2. 関節周囲の筋肉の緊張・伸張
  3. 関節可動域の減少
  4. 緊張による血流障害&伸張による痛み
  5. 慢性的な痛み

という感じに1~5まで段階的機序によって肩こりが生じていると考えています。日常生活を送る上で身体に良い姿勢をとっていればこのメカニズムでは肩こりにはならないと考えています。
筋肉は伸び縮みできるゴムのような性質を持っています。この筋肉によって身体の骨や内臓が支えられ姿勢を維持し、複雑な運動を起こしています。しかし①のような不良姿勢が続くと前後左右の筋肉バランスが崩れ、一方の筋肉は伸び、一方の筋肉は縮むという筋肉のアンバランスが生まれます。この筋肉の伸び縮みが肩こりの原因と私は考えています。

 

なぜ、肩をほぐしても改善しないのか?

肩こりが辛い方は肩をほぐして欲しいと思いませんか?
私も肩が辛い時もありますし、ほぐして欲しい~って思うことがあります。肩こりの原因の多くは不良姿勢からもたらされる筋肉の伸び縮みのアンバランスだと上記に説明いたしました。
人間の筋肉は相反する動きをする筋肉がセットになっている所が多いです。例えば足を曲げる筋肉と伸ばす筋肉がセット。肘を曲げる筋肉と伸ばす筋肉がセット。これはわかりやすいですよね。肩にも肩を前に出す筋肉と後ろに引く筋肉はセットになっています。

不良姿勢になると肩や頭が前に出て身体は前傾姿勢になります。肩が前に出るので肩を前に出す筋肉は縮み、肩を後ろに引く筋肉は伸びます。この状態が長く続くと問題が生じてきます。筋肉は伸びた状態が長く続くとパンパンに張り痛みやこりを強く感じ、縮んだ状態の筋肉は固くなる特性があります。

肩こりをほぐすというと痛い・辛い所ですよね。「痛い、辛い所をやって欲しい」これも良くわかります。しかし痛みや辛さを感じている所は実際は筋肉が伸びている所で、過度にほぐしたり叩いたりすると伸びている筋肉がさらに伸びてしまうことになります。これが肩こりがなかなか改善しない理由だと私は考えています。痛い・辛いからもっと強く揉んでほしいというのは実は逆効果ということが肩こりのメカニズムを考えると「なるほど」と合点がいくのではないでしょうか?痛い所が原因ではなく、実は縮んでいる筋肉を伸び縮みできるようにしてあげることが肩こり改善の近道になります。

 

当院での肩こりの改善法

当院では上記の理由から痛い・辛い所だけをほぐすということはしません。また強い刺激をご希望される方がいらっしゃいますが当院ではお断りしています。肩こりのメカニズムを考えると、強い刺激は改善しないどころかさらに悪化させると考えているからです。さらに患者様の身体を悪くする可能性のあることはご希望されてもしたくありません。
肩こりの原因を見つけて施術しないとその場しのぎになってしまい、本当の改善はできません。

そこで私たちは「もう肩こりを感じない身体作り」を提案します。単に原因と言ってもお1人お1人身体は違いますし、ライフスタイルも違います。お話しをお伺いしてお身体のチェックや日常生活をお聞きするとあらかた原因はわかってきます。
肩こりでお悩みの方を多数みてきましたが、1番多い原因はデスクワークやスマホなどの不良姿勢からの肩こりです。不良姿勢を正すには猫背矯正がオススメです。

原因がわかれば、原因からしっかり改善してもう肩こりを感じない身体を手にできますよ!ぜひご相談ください。