大宮の整体は「鍼灸マッサージ整骨院Hinata(ヒナタ)」

国土交通省が損害をてん補してくれます

ひき逃げや自賠責保険を着けていない無保険車、または盗難車などによる交通事故で負傷・死亡した場合は、自賠責保険では救済されません。そうした被害者で、加害者側から賠償を受け取れない場合には、『政府の保障事業』に請求できます。

政府の保障事業とは ・・・ 【 国(国土交通省)が加害者に代わって被害者が受けた損害をてん補する制度 】で、支払限度額は自賠責保険と同じですが、

  • 健康保険、労災保険などの社会保険による給付金が受ける場合は、その金額が差し引かれる。
  • 請求できるのは被害者側のみ。加害者側からの請求はできない。
  • 政府は保障事業として被害者側に支払った金額について加害者側に求償する。家族でドライブ!

などの違いもあります。

なお、政府の保障事業への請求は損害保険会社で受け付けています。詳しくは、ご自身が加入されている保険会社にご確認ください。

保障事業の対象とならない場合もある

次のような場合は、政府の保障事業の対象となりません。請求する場合はご注意くださいね。

  • 加害者に賠償責任が発生しない時
  • 被害者が保有者、運転者など、自賠法で定める「他人」に当たらない時
  • 自動車の運行によって死傷したものでない時
  • 請求期限である3年が過ぎた時

交通事故治療詳しくはコチラ

 

大宮の整体は【口コミNo.1】鍼灸マッサージ整骨院Hinata(ヒナタ)へ PAGETOP