大宮の整体は「鍼灸マッサージ整骨院Hinata(ヒナタ)」

正しくツボを刺激して、辛い頭痛を軽減しましょう

風邪を引いた時はもちろんですが、肩こりや首のこりで頭痛にお悩みの方も多くいらっしゃいます。Hinataでも多くご相談を受けます。 長時間同じ姿勢でいたり、緊張したりすると血液の流れが悪くなり肩がこったり頭痛がしたりします。そんなときは、手軽に出来るツボ押しで血流をよくするとすっきりします。なので、少しでも楽に日常を過ごしていただけるよう今回は『頭痛』のツボケアをご紹介します!

ツボって良いの?押し方のポイントを知って、効果的にケアしよう

【ツボって何で良いの?】
ツボを刺激することで「気」の流れをスムーズにし、体の機能を回復させることができると考えられています。
※「気」=元気、英気、陽気などの生命エネルギーのこと。呼吸や心臓の働き、血液の運行、体温や汗の調節をする働きなどは全て「気」によって行われてる。

【ツボの押し方】  
ツボ押しはリラックスした状態で「ちょっと痛いけど気持ちいい」くらいの力加減で押すのが良いです。力を入れる時に息を吐き、力を抜く時に息を吸います。
回数や頻度は気にせず、自分が気持ちいいと思うことが大切で、長続きの秘訣です(*´ω`*)

 

デスクでも、電車内でもできる!!肩こり頭痛に効くツボ  

◇合谷(ごうこく)頭痛・肩こりのツボ
合谷は手の甲の側、親指と人差し指の骨が交わる手前、人差し指側にあります。肩こりや体全体の調子を整える万能なツボ♪反対の手の親指でちょっと痛みを感じるくらいの強さで押します。

◆天柱(てんちゅう)  
後頭部の髪の生え際で、首の後ろの太い筋肉の外側にあります。親指で頭を持ち上げるように押します。また、蒸頭痛・肩こりのツボしタオルやアロマ温湿布などをあてて温めると血のめぐりがUPします。

肩井(けんせい)  
首のつけ根と肩先までの真ん中あたり、背中側にあります。ぐっと押したり、もみほぐすと肩こりが楽になります。「肩がこったな~」と思った時、無意識に手を伸ばすところですね(^^)

 

大宮の整体は【口コミNo.1】鍼灸マッサージ整骨院Hinata(ヒナタ)へ PAGETOP