大宮の整体は「鍼灸マッサージ整骨院Hinata(ヒナタ)」

ストレスは気持ちだけでなく体にも影響する

ストレス、溜まっていませんか?自律神経のバランスが崩れてしまう誘因には、偏った食生活や運動不足、ストレス、喫煙、夜更かしなどが挙げられます。その中でも特に大きな影響を与えているのが、ストレスです。

 心身を緊張状態にしているストレスは、絶えず交感神経を興奮させているため、副交感神経との切り替えがスムーズに行われなくなります。そのため、交感神経と副交感神経のバランスが崩れ、過食やイライラといった症状を招くことになります。

交感神経と副交感神経

◇交感神経 ・・・ 活動時に活性化し、適度な緊張状態をつくる
◇副交感神経・・・ 安静時や睡眠時に活性化。身体の緊張をほどく

人間は、この二つの神経がバランスよく存在する事で、いつも元気でいられるんです。また、副交感神経が優位になっている時に、身体の疲労回復を行います。

一般的に睡眠時が一番身体が回復するタイミングですが、ただ『眠る』だけではきちんと回復はしません。『睡眠の質』がとても重要です。

睡眠の質を上げて、元気な毎日を!

睡眠には【レム睡眠】と【ノンレム睡眠】があり、初めにノンレム睡眠から始まり、その1~2時間後にレム睡眠→ノンレム睡眠と繰り返しています。実に睡眠の約85%をノンレム睡眠が占めています。

つまり、ノンレム睡眠の質を上げる=睡眠の質を上げることに繋がるのです!質の良い睡眠で元気に楽しく!

特に寝入りばなの最初のノンレム睡眠の深さが重要で、最初のノンレム睡眠時に深い睡眠が得られると成長ホルモンの分泌され回復力が更に高まります♪

  • 【レム睡眠】⇒体が深く眠り、脳は浅い眠りの状態です。 脳が活動しているため夢を見ます。また、金縛りが起きるのはレム睡眠中です。
  • 【ノンレム睡眠】⇒体が浅く眠り、脳が深く眠っている状態です。 体は睡眠時だけでなく日中でも休息することで回復するが、脳はノンレム睡眠時にしか回復できません。

毎日の生活の中では、ストレスの受けとめ方や気持ちの持ち方も、自律神経のバランスを保つ上でとても大切になりますね。

健康で楽しい毎日の為に、趣味の時間を大切にしたり、マッサージや整体、鍼・お灸などで外からのメンテナンスも大切にしましょう♪

大宮の整体は【口コミNo.1】鍼灸マッサージ整骨院Hinata(ヒナタ)へ PAGETOP