大宮の整体は「鍼灸マッサージ整骨院Hinata(ヒナタ)」

心の状態は、胃腸の働きに影響を与えます

体調不良は免疫低下内臓は交感神経と副交感神経という2つの自律神経によってコントロールされていますが、胃腸 はリラックスしている時に優位になる副交感神経によって活発に動きます。

その為、強いストレスに長期間さらされると、不調がでやすくなります。

また、胃腸の不調が続く事は免疫力の低下にもつながります。特に季節の変わり目は体調を崩す人が増えます。気温や日光の強さの変化などに身体が対応できずに免疫力が低下する為です。

肝臓は栄養素の司令塔

栄養が肝臓に運ばれるのは何故だか知っていますか?

それは、肝臓が栄養素を人の身体に役立つように処理をする臓器だからです。食べ物から摂取したアミノ酸を、人の身体に適合したアミノ酸に作り替えたり、脂質も身体に利用できるよう再合成し血中にだす働きがあります。

他にも、栄養の貯蔵や供給、血液の貯蔵や古くなった赤血球の破壊など、肝臓は重要な役割を担っています。

その一方 で「沈黙の臓器」とも言われ、約8割が破壊されるまでは何も言わずに働き続けるのも特徴です。症状が出てからでは手遅れになる事も多いので、日頃から負担を掛 けないようにするのが大切です。

どうして整骨院で内臓まで気に掛けるの?

忙しい現代の人々は、様々なストレス(寝不足、暴飲暴食含む)も腰痛や肩こりなどの身体の不調を要因の一つです。この場合、患部のみの施術では、その場しのぎに過ぎない施術となってしまいます。

  • 暴飲暴食は、胃腸の働きを悪くし機能を低下させたりすることで肩こりが起こりやすい状態を作ります。
  • 寝不足は腎のエネルギーを消耗させ、重い腰痛を引き起こす要因の一つとなります。
  • アルコールの飲み過ぎは肝臓に多大な負担をかけ肝機能が低下し、疲労感や倦怠感に繋がっていきます。

肝臓を休めて疲労回復根本的に症状を改善するには、『日々の生活の中で身体の中からケアをしてもらう必要がある!』のです。

ですから、一見関係ないように思えるけど、実は腰痛や肩こりなどの不調ぶ密接に完成している内臓のケアについてもHinataはお伝えしていきます♪

大宮の整体は【口コミNo.1】鍼灸マッサージ整骨院Hinata(ヒナタ)へ PAGETOP