大宮の整体は「鍼灸マッサージ整骨院Hinata(ヒナタ)」

梅雨時のダルさには理由がある

梅雨のどんよりとした季節がやってきました。これから夏までの時期、「なんとなく身体がダルくてやる気が出ない」というお悩みをよく耳にします。

【梅雨時に多いお悩み】梅雨時の体調不良を解消

  • 頭痛(片頭痛):重い痛み
  • 関節痛
  • 頭がぼんやりとしたり、身体がだるい
  • 便秘、腹痛、下痢
  • 腹部ぼうまん感(お腹が張った状態)
  • むくみ(特にお顔やふくらはぎ)
  • おならがよくでる
  • めまい      など

実はこれらの症状に対する原因の多くは、東洋医学で身体に害を及ぼす気とされている「邪気(じゃき)」の1つ、「(がいいん)」です。とは、気候変化の異常から生じる邪気のことで、口や鼻・皮膚を通じて体内に侵入してきます。

湿気が多い梅雨の季節は、「湿邪」

私たちの体に影響を及ぼす「外因」は六種類あり、それらを風邪(ふうじゃ)()(しょじゃ)湿()(しつじゃ)()(そうじゃ)(かんじゃ)・火(かじゃ)と言います。

湿邪は、体内に流れているエネルギー「気」と、全身へ栄養を届けている「血」の流れを停滞させます。エネルギーと栄養が不足すれば、必然的に身体はダルくなりますよね?

また、特に下半身の痛み(腰痛、膝痛、足首)の出現や、その不調が治りづらいとも言われています。

不調を改善するには

半身浴で体調改善「湿邪」を必要以上に身体に入れないことが最重要です!そのためには、栄養のある旬の食べ物を食べ、ゆっくり体を休めることが大切です。滋養を高めることを意識してみてください。

ダルイ、ツライなどの症状が出てしまった場合、自宅でできるセルフケアとしては半身浴がお勧めです。体を温めてあげてください!

身体を内から温める食材(かぼちゃ、ねぎ、にら、シソ、山芋など)を意識することも大切です。

また、鍼灸施術で「気」「血」の滞りを解消していくことも重要です。半身浴で悪化を防ぎつつ、時間があればプロの施術を受けましょう。

大宮の整体は【口コミNo.1】鍼灸マッサージ整骨院Hinata(ヒナタ)へ PAGETOP