大宮の整体は「鍼灸マッサージ整骨院Hinata(ヒナタ)」

腹式呼吸と胸式呼吸

腹式呼吸と胸式呼吸の違いを知っていますか?

簡単に言うとこんな感じです。

  • 腹式呼吸 → 息を吸った時にお腹が前に出る ・ 吐いた時にお腹が凹む
  • 胸式呼吸 → 息を吸った時にお腹が凹む ・ 吐いた時にお腹が前に出る

一般的には腹式呼吸が良いとよく言われています。その理由は腹式呼吸の方が深く呼吸できる(効率よく酸素を取り込める)からです。では、酸素を効率よく取り込んだとして、どんなメリットがあると思いますか??

腹式呼吸には疲労軽減のメリットがある

硬くなった筋肉は酸素不足に陥っています。酸素を多く取り込み、筋中の酸素濃度を高めることで血流の改善、細胞の活性化などに繋がり、それが早期の疲労回復にも繋がります。また、体の柔軟性を増すことが期待できます。

日常の生活で無意識にしている呼吸が腹式呼吸になるように、時間を見つけて練習をしてみませんか?

  1. 仰向けで寝て、両手をお腹の上に置く腹式呼吸を練習しよう
  2. 鼻から大きく息を吸う ※お腹が膨らむように!!
  3. 10秒程度時間をかけて、口から息を吐く ※お腹が凹むように!!

5回程度繰り返して行います。就寝前などの落ち着いた時に練習してもらうといいですよ(*´ω`*)

酸素を取り込む事は、疲れにくい体を作る&体質改善という効果も期待出来ます。筋肉痛だけでなく、膝や肩、腰の痛みが軽くなる効果も期待できます!

 

 

 

大宮の整体は【口コミNo.1】鍼灸マッサージ整骨院Hinata(ヒナタ)へ PAGETOP