大宮の整体は「鍼灸マッサージ整骨院Hinata(ヒナタ)」

今日は晴れていますが、とっても寒いです
これからはこんな日が続いていくんですね

“腰痛特集”

第6回 スタッフの『腰痛』体験談

 

※ Hinataのリラクゼーション担当:森の実話です。個人的な感想や意見も含まれております ※

 

 

21歳の頃、原因不明の腰痛に1ヶ月以上悩まされたことがあります。

きっかけは覚えていません。
思い当たる原因(転倒や重いものを持つなど)もありませんでした。

日に日に痛み始め「まずい」と思った時には、ただ、イスに座っている事さえ痛くて、痛くて

立っていることが一番楽でした。横になるのもその経過が辛く、また寝返りを打つことさえ容易ではありませんでした。”座る”という行動が腰の負担になる事を、初めて知りました。

3分と座っていられないので食事も立ち食い、お行儀なんて構っていられませんでした。

当時は都内まで電車で通勤をしていました。
満員電車は比較的楽でした。ぎゅうぎゅうに立っているので、周りの方に体重を委ねていました

が、急ブレーキは辛かったです

仕事を休めないので、ロキソニンという消炎鎮痛剤を、毎日規定量以上服用していました。※絶対にマネしないでください※
ですが、痛みは完全には消えず、痛みが増してはロキソニン・・・と言う日々でした。

整形外科も受診しました。MRIを撮影し、脊椎専門医にもかかりました。

「腰部に小さい小さいヘルニアの赤ちゃんがあるけれど、これほどの痛みを引き起こしているとは到底考えられない」と診断され、結局原因は不明のままでした

1ヶ月、規定量以上の消炎鎮痛剤を服用し続けた結果、嘔吐が止まらなくなりました

食事をしていなくても、常に吐き気がつきまとい、胃カメラを飲みました。胃潰瘍一歩手前の状態に陥ってしまいました。

仕事を続けることが困難になり、勤めていた職場を退職しました

退職を決め、引継ぎ業務に入り約2週間程度で腰痛が弱くなりました

正直、何が自分の身体に起こっているのか理解出来ませんでしたが、今は時の腰痛は『ストレスからくる腰痛』だったのかな?と思えます。

今では、自分はストレスが体に影響を及ぼすと認識し、体が悲鳴をあげる前にメンテナンスをするよう心がけていますので、当時のような痛みに襲われることはまずありません

もし、同じように悩んでいる方いて、その方の役に立てたら・・・。と思い体験談を書かせていただきました。

 

 

1個1個理由は違う小さなストレスが積み重なって、大きなストレスとなり体に影響を及ぼすことはよくあります。その様な場合は「ストレスなんてありません」と思っている方も多いです。

例え原因のはっきりしない痛みであっても、痛みを緩和する施術を受けることで、QOL(生活の質)の向上を目指すことも可能です。

気がかりな痛みは、できるだけ早めに対処しましょう!

大宮の整体は【口コミNo.1】鍼灸マッサージ整骨院Hinata(ヒナタ)へ PAGETOP