大宮の整体は「鍼灸マッサージ整骨院Hinata(ヒナタ)」

“腰痛特集” 第4回 内臓疾患からくる腰痛とは?

内臓疾患による『腰痛』は、原因となっている内臓疾患の治療が最優先されます。
代表的なものをいくつかご紹介します。

≪消化器系≫
・胃、十二指腸潰瘍
・胆石
・胆のう炎
・すい臓炎
腰痛以外の症状として、腹痛や血便、嘔吐などがあります。

≪泌尿器系≫
・尿路結石
・腎結石
・腎盂腎炎
・遊走腎
・前立腺がん
腰痛以外の症状として、排尿障害や血尿などがあります。

≪婦人科系≫
・子宮内膜症
・子宮がん
腰痛以外の症状として、おりものや不正出血などがあります。

≪循環器系≫
・解離性腹部大動脈瘤
腰痛以外の症状として、下腹部の突破的な激痛などがあります。

では、どうして内臓の病気で腰が痛くなるのか( ゚Д゚)!?
不思議な感じもしますね。

実は腰には、臓器の異常によって生じた痛みが神経にそって伝わることがあるんです。
これを放散痛(病気の原因部位とまったくかけ離れた部位に現れる痛み)と言います。

安静時も痛みが強い場合、この放散痛の可能性もありますので、注意してみてくださいね(;´・ω・)

※ 上記はあくまで例です。これらが全てではありませんが、当てはまる症状がある場合は早急に医療機関を受診しましょう ※

次回は、社会心理学的ストレスからくる腰痛!

大宮の整体は【口コミNo.1】鍼灸マッサージ整骨院Hinata(ヒナタ)へ PAGETOP