大宮の整体は「鍼灸マッサージ整骨院Hinata(ヒナタ)」

背骨本来のS字カーブが損なわれている!?

接客業などで立ちっぱなしの仕事をしている方は、背筋を伸ばして「ピン」とした姿勢を保っている方が多いと思います。お客の立場からみると、とても綺麗な立ち姿勢で気持ちがいいです。

ストレッチで腰痛予防

しかし、その「ピン」とした真っ直ぐな姿勢は、本来の形であるS字カーブを無理に伸ばしている状態です。つまり、本来の姿ではないのです。当然無理に姿勢を保つと「疲労」が溜まり、腰の重だるさ → 痛みへと繋がっていきます。

仕事中はなかなか難しいと思いますが、休憩時間や帰宅後の時間などに簡単なストレッチを取り入れ、腰痛を予防していきましょう!

クリックで拡大!→

就寝時も要注意

就寝時の姿勢は人それぞれ癖や、仰向け・うつ伏せ・横向きなど好みの寝方があると思います。

ですが、腰痛持ちの方に避けて頂きたい寝方があります。それは“うつ伏せ”です。うつ伏せで寝ると背骨が反り返る格好になるので、寝ている間に知らず知らずのうちに負担を掛けてしまっています。

就寝時だけでなく、寝転んで本や新聞を読んだりすることもお勧めできません。きっと、これを読んでいる方の中に、うつ伏せの状態から動こうとして「腰が痛い」思いをしたことがある方もいると思います。理由は、こ~ゆう事です。

また、枕が高過ぎるのも危険なんです。枕が高くなると首が持ち上げられ、不自然な姿勢で眠ることになります。睡眠の質も低下しますし、朝起きた時のダルさにもつながります。

姿勢以外にも、ベッドやマットレスの硬さや厚さも見直してみませんか?柔らかいマットレスは寝心地は良いのですが、腰が沈んでしまうために姿勢が崩れ腰痛の原因になったりします。

自分に合った腰痛の予防策を見つけましょう!         詳しい腰痛のお話はコチラをクリック

大宮の整体は【口コミNo.1】鍼灸マッサージ整骨院Hinata(ヒナタ)へ PAGETOP