大宮の整体は「鍼灸マッサージ整骨院Hinata(ヒナタ)」

“腰痛特集” 第2回 背骨からくる『腰痛』

◆背骨からくる『腰痛』は、骨折・腰椎椎間板ヘルニア などがあげられます。

骨折は一般的な骨折(骨が折れる)と圧迫骨折(椎骨の崩壊)とがあります。
若い人であれば、そう簡単に腰の骨折はしませんが、高齢者の場合は骨粗鬆症に関連している事も多く、くしゃみや腰をひねっただけ、尻もちなどで受傷してしまう事もあります(-_-;)

腰椎椎間板ヘルニアは、背骨のクッションである椎間板内の髄核が、身体の後方(後側方)に突出し、神経を圧迫する疾病です。
念連を問わず、スポーツや無理な動作がきっかけで受傷してしまいます 。

一度整形外科の医師に診断してもらい、温存療法か外科的療法になります。

外科的療法は、病院に入院して手術になります。温存療法の場合は、コルセットなどで固定することがほとんどですので、整骨院でも施術可能です。

今回あげたもの以外にも、腰椎すべり症・側弯症・分離症・脊柱管狭窄症など、色々な病名があります。

が、いずれにしても整形外科の医師に診断してもらう必要は否めません|д゚)

次回は『筋肉・靭帯からくる腰痛』です☆

大宮の整体は【口コミNo.1】鍼灸マッサージ整骨院Hinata(ヒナタ)へ PAGETOP