大宮の整体は【口コミNO.1】鍼灸マッサージ整骨院 Hinata(ヒナタ)へ

腰の痛みと足のしびれが伴う場合があること、ご存知でしたか?

今回は、しびれについて少しお話ししたいと思います。足のしびれと腰の痛み

一般的に、腰が原因で起こる足のしびれや痛みは、坐骨神経痛として知られていますが、全てのしびれが=坐骨神経痛ではありません。

腰椎症や腰椎椎間板ヘルニアでは、神経に沿ったしびれや痛みを起こします。比較的多く見受けられるものは以下のとおりです。

(1)坐骨神経痛

骨盤の近くにある梨状筋(りじょうきん)という筋肉の過緊張が関係している可能性があります。
≪主な症状≫
腰部・お尻の痛み、太ももの裏や足にかけての痛みや痺れ、歩くのがしんどくなる、足に力が入りにくい、脱力感、腰が抜けたような感覚、左右の筋力差 など。

(2)椎間板ヘルニア

ヘルニアとして押し出された組織が神経を圧迫している可能性があります。
≪主な症状≫
坐骨神経痛の症状に加え、腰から足先にかけてしびれや痛み、咳やくしゃみで激痛がおこる、冷感、左右両側にしびれの症状が出る など。

(3)脊柱管狭窄症

加齢などによって椎間板等に変形がおこり、中枢神経が圧迫されている可能性があります。
≪主な症状≫
長時間歩けない、歩いては休み痛みがおさまったら歩くを繰り返す、腰が重くて痛い など。

【自己判断せず、専門家の判断を仰ぎましょう】

腰痛の専門家に判断をたとえば、腰に良いだろうと思い腰を反らせる運動を行ってしまった場合、脊柱管狭窄症が原因ならばかえって痛みやしびれが強くなってしまいます。

このようなブログやTVの情報だけでなく『自分』の症状・原因にあった対策をするために、整形外科や整骨院で専門家の判断を仰いでくださいね!

 

腰の専門家に判断してほしい人はコチラ≫≫