大宮の整体は【口コミNO.1】鍼灸マッサージ整骨院 Hinata(ヒナタ)へ

腰の痛みはカラダからのSOS

腰痛に悩まず相談を腰痛の『原因』は非常に多く存在しており、生活習慣が関係している痛みも多くあります。原因不明と診断された腰の痛みも、生活習慣が起因となっている可能性は少なくありません。

しかし、実際は生活習慣を原因として指摘される場合はほとんどなく、原因が分からないまま長い期間放置してしまう・我慢してしまう人が、圧倒的に多いのではないでしょうか?

そうなると痛みや症状が悪化する危険性も高くなりますし、当然治療期間も長くなってしまいます。

腰痛を発症させる生活習慣とは?

以下の7項目で当てはまるものはありますか?1つでも当てはまれば、生活習慣による腰の痛みに要注意です!

  1. 同じ姿勢でいる事が多い(長い時間立っている、座っているなど)
  2. 重いものをよく持つ
  3. 激しいスポーツをやる(特に腰を反らす動作の多いスポーツ:バレーボール、テニス、バドミントン、サッカーなど)
  4. 運動不足ぎみ
  5. 肥満ぎみ、急に太ってしまった腰痛の改善は生活習慣の見直しから
  6. ストレスを日々感じていてストレス発散できない
  7. 暴飲暴食してしまう

例えば、「急激に腰が痛くなった時、治療に行けずに湿布で対処。痛みをごまかしながら、ある程度の期間が過ぎると(気が付いたら)腰の痛みがなくなっている」あなたや、あなたの身近な人でこんな経験を聞いたことはありませんか?

実は腰痛のほとんどは、放置していても約1ヶ月半で痛みが軽減、または痛みを感じなくなります。でもそれは、カラダが痛みに慣れてしまうことで一時的に感じなくなっているだけなんです。

これが「痛みの錯覚」です。

腰痛の相談はHinataまで痛みを感じなくなった(認識しなくなった)ことで、「治った」と勘違いする方が多いのですが、残念なことに実は治っておらず、そのまま慢性腰痛(軽度~重度の痛みを繰り返す状態)になってしまうことがとても多いんです。

痛みの錯覚に騙されず、腰の痛み(腰に限りませんが)はしっかりと治しましょう!

Hinataの腰痛特別施術はコチラ≫≫