大宮の整体は【口コミNO.1】鍼灸マッサージ整骨院 Hinata(ヒナタ)へ

 若い人にも急増中の腰の悩み

辛い腰の痛みをセルフケア腰の痛みというと、昔はお年寄りのものと思われがちでしたが、近年では若い人にも多く見られます。急性のぎっくり腰を一度起こしてしまうと、それがクセとなったり痛みが慢性化してしまう例も少なくありません。

一口に腰痛といっても、様々な原因が考えられると思います。今回は、2つの原因をピックアップして自分でできるツボケアをご紹介します!

腰のセルフケアを始めよう

【ぎっくり腰】

・崑崙(こんろん)→「外くるぶし」と「アキレス腱」の間にあります。指でなぞると少し窪んでいる箇所があるのと思いますが、そこがツボです。

親指以外の指で足首をつかみながら、親指の先でツボを刺激します。2~3秒押して話す刺激を3分ほど繰り返します。※腰の痛みが辛い場合はツボ周辺が腫れていることがあるので、痛みを感じない強さで刺激してくださいね。

【冷えからくる腰の痛み】

・血海(けっかい)→膝の内側、足を延ばした時に凹む箇所から指3本上の位置がツボです。

両手の親指を重ねて少し痛気持ち良い位の強さで3秒押して3秒離すを繰り返します。湯船でカラダを温めながらのツボ押しがおススメですよ。

お灸も効果的!

市販のお灸を上手に使って腰痛予防今回お伝えした2つのツボ。腰が辛い時はもちろんですが、予防として日々の生活に取り入れていただいてもOKです。その際は、市販のお灸などを用いて刺激をしてあげてもいいですね♪

突き詰めていけば腰の痛みの原因なんて千差万別。ご来院の際にご相談いただければ、個人個人にあったツボをお伝えしますよ!

「今」辛い腰痛をなんとかしたい!!そんな人は【腰痛特別施術】

詳しくはこちら≫≫