大宮の整体は【口コミNO.1】鍼灸マッサージ整骨院 Hinata(ヒナタ)へ

座骨神経痛の症状

坐骨神経痛の症状は

  • おしりから足先にかけての痛みやしびれ
  • 上向きで寝ていてしばらくするとおしりや足に痛み
  • おじぎするとおしりから足にかけての痛みやしびれが強くなる
  • 歩いていると痛み、しびれが強くなり歩けなくなる
  • 長時間立っていられない

多くの場合腰痛から発症し、次におしりや太もも、ふくらはぎ、指先に至るまで痛みやしびれが出現し、進行すると歩行障害などもあらわれてきます

 

坐骨神経痛とは

坐骨神経痛は腰から足に向かって伸びる「坐骨神経」が様々な原因により圧迫・刺激されることによってあらわれる痛みやしびれのことを指します

 

坐骨神経痛の原因

腰から伸びる坐骨神経が腰の骨や椎間板ヘルニア、おしりの筋肉などにより圧迫や刺激を受けることにより、主に腰、おしり、足に痛みやしびれがあらわれてきます

 

当院での、坐骨神経痛の改善法

当院では症状の強い方は鍼治療をお勧めしております
鍼での坐骨神経痛治療は効果がWHO(世界保健機関)で認められていて、実際に当院でも鍼治療にて改善例は多いです
痛みなどが落ち着いてきましたら原因となっている腰やおしりをしっかり緩め、姿勢などを正し再発しないからだ作りを提案させていただいております