大宮の整体は【口コミNO.1】鍼灸マッサージ整骨院 Hinata(ヒナタ)へ

このようなことでお悩みではありませんか?

  • おしりから足先にかけての痛みやしびれが出る
  • 太ももが痛い
  • 歩いていると痛みが増してくる
  • ふくらはぎが痛い、しびれる
  • 上向きで寝ていてしばらくするとおしりや足に痛み
  • おじぎするとおしりから足にかけての痛みやしびれが強くなる
  • 歩いていると痛み、しびれが強くなり歩けなくなる
  • 長時間立っていられない

 坐骨神経痛とは

坐骨神経は腰椎と仙骨レベルから出る神経が合わさって坐骨神経を構成します。坐骨神経痛とは腰から仙骨までに何らかの物理的刺激があり、坐骨神経を刺激して痛みやしびれを出す症状の総称です。症状の名前であり、病名ではありません。元となる疾患がありその疾患により出る症状のことを差します。元となる疾患は

  • 腰椎椎間板ヘルニア
  • 腰部脊柱管狭窄症
  • 脊椎分離すべり症

などです。

 

坐骨神経痛の症状は?

坐骨神経の支配領域に痛みやしびれ、違和感などが出ます。坐骨神経は太もも後ろ~膝~ふくらはぎ・すね~足の甲・足裏を支配していますのでこの辺りに症状がでます。またじっと動かない状態でも症状がでる場合や歩いたり腰やお尻を捻ったり、または力んだ時のみ症状がでる場合もあります。

 

坐骨神経痛の原因

坐骨神経痛とは症状の名前であり、坐骨神経を刺激している物理的な原因をなくさなくては解決しません。1番多いのが腰椎椎間板ヘルニアと言われていて約80%と言われています。他にも

  • 腰部脊柱管狭窄症
  • 脊椎分離すべり症
  • 梨状筋症候群
  • 腰部の腫瘍

などが挙げられます。

神経は身体の中の電話回線のような働きをします。脳からの命令を筋肉に伝えて初めて筋肉が動きます。神経にも栄養をもらうための血管があり、その血流が悪くなり流れが悪い状態だと命令がうまく伝わりません。

神経は伸ばされる状態が続くと痛みとなり、圧迫が続くとしびれとなると言われています。このような刺激が坐骨神経痛やしびれを発生させています。

他にも神経には問題がなく、循環障害でも似たような症状を出すことがあります。こちらはバージャーテストと言われるテストを行うと鑑別できます。

【血管バージャーテスト】

  1. 仰向けになり片足を45度上げる
  2. 上げた足のつま先を上げたり下ろしたりを2分間繰り返す
  3. イスに腰掛けて足を降ろす
  4. 色を確認し1分で戻らなければ循環に問題あり
    ※痛みやしびれ、違和感などが強くなるようでしたらすぐに中止してください

このバージャーテストが陽性の場合は血液循環に問題があり、当院では症状改善が難しいことが多いので必ず病院に相談してください。

 当院での、坐骨神経痛の改善法

どのような坐骨神経痛でも共通して言えることがあります。
それはふくらはぎの固さや緊張があるということです。筋肉が固いということは血流も悪い事が予想できますよね。試しにふくらはぎをご自分で掴んでみてください。痛くないですか?
このふくらはぎの中心に坐骨神経(正確には坐骨神経の枝:脛骨神経)が通っていて、ふくらはぎの筋肉が固い事で神経を圧迫したりスムーズに伸び縮みできない状態となっています。これが刺激となり坐骨神経痛を酷くしていることが多くあります。この刺激を取り除くと、坐骨神経痛はかなりの確率で改善します。
ふくらはぎだけ揉んでもうまく緩みません。ふくらはぎの緊張を取る為には股関節やお尻の筋肉がしっかり使えるように動きを良くしてあげることが重要です。神経痛やしびれは少し時間がかかりますが改善する確率は高いです。ですが100%改善しますとは言えません。どうしてもうまく改善できない坐骨神経痛もあることは事実です。
1度坐骨神経痛が改善しても2度と痛みが出ないわけではありません。痛みが出た原因はライフスタイルでしかありません。痛みがなかった生活に戻る為には日常生活の見直しが必要と考えています。二度と坐骨神経痛にならないようにお身体のメンテナンスも重要だと考えています。